ワックスやフロアコーティングによる被膜

床は人の歩行などが原因によって、非常に汚れやすい場所であり、掃除を頻繁にしていても汚れがすぐに付いてしまう部分です。


汚れが付いてしまうことは避けることができませんが、汚れを付きにくくすることは可能です。

Ameba Newsの情報をご案内しているサイトです。

通常、新品のタイルには目に見えない穴などがあります。

その穴に汚れが入り込んでしまうと、掃除で使用するモップや雑巾では、その穴の中の汚れを取り除くことが難しいです。

そのため、汚れが取れるまでに時間がかかってしまいます。



もし、この様な穴を埋めてしまうことができれば汚れが取れやすくなります。その穴を埋めてしまう方法には、ワックスの塗装やフロアコーティングといった方法があり、これらの方法であれば、掃除がしやすくなるだけでなく、その他のメリットも得ることができます。

床へのワックスやフロアコーティングは、単純に艶を出すという目的だけでなく、タイルを傷やシミから守る役割も兼ねています。

もし何らかの原因によって、タイルへサビやシミが発生しまった場合、除去が非常に難しくなる可能性があります。
除去することができたとしても、強力な洗剤などが必要な場合も多く、タイルにダメージを与える可能性も高くなるため、ワックスやフロアコーティングによる被膜によってタイルを保護しておくことが望ましいです。

フロアコーティングに関しての情報が閲覧できます。

この様に、ワックスの塗装やフロアコーティングによる被膜があれば、掃除の手間だけでなく、タイルへのダメージを抑えることにも繋がります。